"どうせ賃貸に住むのでしたら、人に自慢をしたくなってしまう掘り出し物の物件に住んでみたいものです。
最近ではデザイナーがデザインをした賃貸物件も多くなってきていますので、不動産屋で探してみると良いでしょう。生活の便利さは人によって様々ありますので、下見でのチェックは自分の生活を考えて実施するようにしてください。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?

 

便利さでは通勤や通学に合わせたチェックが基本となりますので、時刻表などを利用するとわかりやすいでしょう。
さらに夜間に移動をすることも踏まえて、タクシーの台数や治安なども確認しておくと良いでしょう。
部屋探しで下見は必須となり、室内はもちろん、周辺も細かくチェックして、満足いく部屋を探すようにしましょう。
担当者と車で現地まで行くことがありますが、少しでも疑問に思ったことは積極的に質問をするようにしてください。"



下見は物件探しで最も大切ブログ:2017-05-21

減量で目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
身体を常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
減量終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

減量を始めると、
1日の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
身体に入ってくるエネルギーが少なくなったため、
身体のエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らしたご飯量でも身体は十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様に減量後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前にご飯量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
減量後一ヶ月は、
ゆっくりと身体をならす事が大切なんです!

なので、
減量後のご飯は
減量中と同様に1日3食をバランスよく摂り入れ、
ご飯の量は一ヶ月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

身体を作るたんぱく質、
身体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
減量中に行っていた運動も
ストレスにならない程度に続けましょう。
運動を続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくい身体になりますよ!

このページの先頭へ戻る