"自分の物件条件の幅を広げることでより良い物件に巡り合うことがあります。
もちろん予定家賃設定を上げれば理想の条件に合う物件と出会えますが、後々のことを考えてなるべく家賃設定の変更はしないようにしましょう。

 

雑誌を見て希望に近い部屋があれば、不動産会社に連絡すれば良いのですが、そうでない場合は条件を考え直す必要もあります。
確かに条件というのは物件探しで非常に重要なことですが、妥協をすることも大切なことなのです。
不動産屋の担当者に条件出しをしたら、その条件が現実的かどうかをチェックしてみることが大切です。
もし現実的に不可能な条件のようでしたら、多少なりとも条件の幅を広げて不動産屋に再度相談をしてみましょう。"



設定した条件が現実的かを確認ブログ:2017-03-29

ダイエットについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

ダイエットの停滞期というのは、
頑張って体操したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

ダイエットの停滞期は、
人間のからだに本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
からだを守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

からだがエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できるからだにしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このダイエットの停滞期は、
個人差はありますが約一ヶ月程度あると言われています。
ダイエットを成功させるためには、
この一ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
ダイエットの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が一ヶ月ほど続くと
からだの危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
ダイエットを継続することが大切です。

停滞期にダイエットを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

ダイエット開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくいからだになってしまうので、
停滞期中でもダイエットを続けることが大事なんです!


このページの先頭へ戻る