"管理体制や共用部分の設備ですが、マンションでは家賃だけでなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されています。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。

 

マンションでは室内の設備や間取りではアパートと比較をしてあまり差は感じることは無いでしょう。
見た目が似ているのにも関わらず、防音対策はアパートよりも高くなっているのがマンションの大きな特徴の一つです。
RC(鉄筋コンクリート造)やSRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)など耐火構造の集合住宅のことをマンションと言います。
建物の耐久性は当然ですが、その他オートロックや宅配専用のロッカーなどがあるケースが多いです。"





エステティシャンの紹介
エステティシャン
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/


アパートよりも賃貸マンションを選ぶメリットブログ:2017-06-24

ダイエットで偏ったご飯をすると、
ビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しがち…

きれいにダイエットを成功するためには、
上手にカロリーコントロールして、
いろいろな食材から
バランスよく栄養を取り入れることが大切です。

健康的なダイエットのためにも、
特に不足しやすい栄養素は
意識して取り入れましょう。

まず、
食物繊維はダイエット中だからこそ
しっかり摂りたい栄養素のひとつです。

ダイエット中は、
食事量が減ることで便秘になりがちです。

食物繊維は腸内で
コレステロールの吸収を抑制する働きもあります。

食物繊維を連日しっかり取り入れて、
からだの中からすっきりしましょう。 

また
ビタミンB群もダイエットに必要ですが、
中でもビタミンB1は糖質代謝、ビタミンB2は脂質代謝に不可欠。

不足すると効率的にエネルギー変換できなくなり、
だるさや倦怠感、ニキビなどからだに不調がでてきます。

燃えやすいからだを作るために、
ビタミンB群はバランスよく摂りましょう。

鉄もダイエットで不足しやすいもののひとつ。
全身に血液を送るのに必ず必要になる鉄は、
不足すると貧血、立ちくらみ、だるさ、倦怠感などを招きます。

特に女性は生理の関係で一定量を失うため、
鉄分の多い食品や野菜・乾物などを組み合わせて十分に摂りましょう。
鉄分はビタミンCをプラスすることで吸収率が高まりますよ。

そして
現代人のカルシウム摂取量は不足ぎみ。
だからこそダイエット中も積極的に取り入れたいもの。

カルシウムは骨粗しょう症を防ぐばかりでなく、
ストレス防止やホルモンの分泌をうながす作用もあります。
丈夫なからだを作るためにも、24時間600mgを目標にしましょう。

このページの先頭へ戻る