"管理体制や共用部分の設備ですが、マンションでは家賃だけでなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されています。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。

 

マンションでは室内の設備や間取りではアパートと比較をしてあまり差は感じることは無いでしょう。
見た目が似ているのにも関わらず、防音対策はアパートよりも高くなっているのがマンションの大きな特徴の一つです。
RC(鉄筋コンクリート造)やSRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)など耐火構造の集合住宅のことをマンションと言います。
建物の耐久性は当然ですが、その他オートロックや宅配専用のロッカーなどがあるケースが多いです。"





エステティシャンの紹介
エステティシャン
URL:http://www.dietacademy.jp/sikaku/


アパートよりも賃貸マンションを選ぶメリットブログ:2017-05-20

「首が痛い」「膝が痛い」「コシが痛い」

これらは全て結果であり、
原因はその部分にはない場合がほとんどです。
打撲などの外傷の場合は別ですが…

ですから、原因が何かを考えずに、
痛めた部分を処置するだけでは、再発するのは当然です。

身体は、偏った使い方で酷使されると、
痛みによってその動きを制限しようとします。

痛みが出るのは、原因の部分とは限りません。
足指の歪みで首に痛みが出ることもあります。

つま先から膝、コシ、胸、首、頭…と
身体は非常に精密にできていて、
全てがつながっています。

それでは、身体に痛みが出たときは
どうすればいいのでしょうか?

身体に痛みが出た場合、
痛いところが悪いとは限りません。

しかし僕たち人間は、
痛みがあるとすぐに解消したくなります。

確かに、早く患部の痛みが無くなった方が、
気分はよいかもしれません。

しかしいずれ、
同じことが原因で痛みが再発してしまいます。
対症療法では、「問題の解決」にはならないのです。

問題を解決するには
「正しい身体の使い方ができるようになること」
が大切なのです。

身体に何か問題が起きたら、
原因は何かを考えてみましょう。
痛みは身体からのサインなのですから…

身体の一部を酷使しませんでしたか?
長時間、正しくない姿勢で過ごしていませんでしたか?

身体の問題を原因から解決するには、時間がかかります。
身体の歪みは、その人が何十年もかけて作り上げてきた、
動きのクセの集大成なのですから、仕方ありません。

それでも
根本的な原因を解消しなければ、
快適な毎日を過ごせませんよ!



このページの先頭へ戻る