"独自物件はその物件自体は、大家から直接入手しているので比較的新しく、物件状態もしっかりしたものとなっています。
流通物件のみを探すのではなく、まず最初は独自物件に絞って探してみると理想的な物件が見つかる可能性が高くなります。

 

独自物件は、その不動産屋でしか取り扱っていない物件であり、大家から直接依頼されて扱っている物件となります。
いわゆる地域密着型不動産屋で多く独自物件を取り扱っており、表には出てこない素晴らしい物件と出会うことも出来るのです。
流通物件は、賃貸アパートやマンションを管理している大家さんが、入居者の案内を出した物件が多くの不動産屋によって扱われているものとなります。
主にターミナル型の不動産屋で多く見られ、どこの不動産屋に行っても同様の物件しか紹介されないこともあるのです。"



理解しておこう流通物件と独自物件ブログ:2017-03-12

ボクのヒザには、
息を殺して生き物を観察する
息子たちの重みが残っている。

ボクの背中には、
美しい花に感動をする
息子たちの鼓動が残っている。

ボクの瞳には、
星空を指差す嫁と息子たちの
輝きが残っている。

ボクの心には、
家族で体験した美しい自然と
楽しい思い出が残っている。

そしてそのひとつひとつが、
ボクや嫁を成長させてくれたと感謝している。

ボクたち夫婦に、
子育ての楽しさを教えてくれた二人の息子たちは、
上野と上野でそれぞれの夢に向かい、
学生生活を謳歌している。

再び二人となったボクと嫁は、
お子さんたちと暮らすことが如何に刺激的で楽しい事であるか、
ため息をつきながら話している。

息子たちを豊かな自然を愛する人間に育てようと、
幼い息子たちを連れて実施する、
毎年のキャンプ旅行計画やスキー旅行計画は、
お子さんたちの視線で自然を捉えるすばらしい体験となった。

仕事で疲れているから…は単なる言い訳であり、
息子たちのために時間をつくり出す努力が必要なことを
家族から学ぶことができた。

お子さんたちとアイデアを出し合い、
採集、飼育、観察、製作、そしてそれぞれをまとめることも、
楽しい家族の時間となった。

家の中を占領する多数の飼育ケースに、
飼育の不備を指摘する嫁の目は笑っていた。

連日の生活において、
常にお子さんの感性を刺激することが重要であり、
共に家族が成長する機会になることを体験できた。

ボクたちがお子さんの時に連日出会っていた、
ドキドキやワクワクが子育てにはいっぱいあり、
お子さんたちと一緒に学ぶことができた。

このページの先頭へ戻る